鏡 ぎ æŗ•å‰‡ã€‚ 厌全į‰ˆ éĄãŽæŗ•å‰‡

éĄãŽæŗ•å‰‡īŧˆé‡ŽåŖ嘉則īŧ‰ãŽã‚らすじãƒģ意å‘ŗと劚果

ぎ æŗ•å‰‡ 鏡

✌ æ°´éĸãĢã‚ˆã‚‹åå°„ã¯ã€éĄéĸ反射ぎ一į¨Žã§ã‚る。

8

äģ•äē‹ã§ã™ããĢäŊŋãˆã‚‹éĄãŽæŗ•å‰‡ãĢæ­ŖしいäŊŋい斚とはīŧŸ

ぎ æŗ•å‰‡ 鏡

💖 そしãĻ、すぐãĢį›¸æ‰‹ãŽæ…‹åēĻが変わらãĒくãĻもあわãĻずãĢ įŋ’æ…ŖとãĒるぞでįļšã‘ãĻãŋぞしょう。

18

éĄãŽæŗ•å‰‡ã¨ã¯

ぎ æŗ•å‰‡ 鏡

🚒 あるæ—Ĩ、åŽļãĢ帰ãŖãĻきた子䞛は、 「 äģŠæ—Ĩね、友達から野įƒãĢčĒ˜ã‚ã‚ŒãŸã‚“だīŧ äģŠã‹ã‚‰čĄŒãŖãĻくるから」とéŖ›ãŗå‡ēしãĻいきぞす。

12

鏡

ぎ æŗ•å‰‡ 鏡

✍ そぎため、ぞずは小さãĒãƒŸã‚šã¯č¨ąã™ã€äģ–äēēを受けå…Ĩれč‡Ē分がされたくãĒいことはしãĒいことを前提ãĢčĄŒå‹•ã—ãĻください。 é•ˇã„åš´æœˆã€ä¸æœã‚„ä¸æē€ã‚’æēœã‚čžŧãŋすぎãĻ、取りčŋ”しぎつかãĒいäē‹æ…‹ãĢé™Ĩるå¤ĢåŠĻも少ãĒくありぞせん。

13

ã€ŽéĄãŽæŗ•å‰‡ã€ãŽæœŦåŊ“ぎ意å‘ŗ

ぎ æŗ•å‰‡ 鏡

🐝 į›¸æ‰‹ã•ãˆåŋƒã‚’å…Ĩれæ›ŋえãĻくれたらīŧ į›¸æ‰‹ãŒå¤‰ã‚ãŖãĻくれたらīŧ もうね、そうやãŖãĻ、周りがあれこれやãŖãĻくれãĒã„ã¨ãƒ€ãƒĄã€ãŠč†ŗįĢ‹ãĻしãĻくれãĒいとäŊ•ã‚‚å‡ēæĨãĒい、そんãĒäģ–äēēäģģせぎäēēį”Ÿã‚’いつぞで送りぞすかīŧŸ ã‚ēãƒĢをするとč‡Ē分ãĢæˆģãŖãĻくる さãĻã€éĄãŽæŗ•å‰‡ãĢé–ĸé€ŖしãĻもう一つ。 08 yuzur äģ•äē‹ã§ã™ããĢäŊŋãˆã‚‹éĄãŽæŗ•å‰‡ãĢæ­ŖしいäŊŋい斚とはīŧŸ おうも、ゆずすけです。 åŧ•ãå¯„せぎæŗ•å‰‡ã¯ã€æŊœåœ¨æ„č­˜ãĢあるもぎをåŧ•ãå¯„せãĻしぞうというもぎです。

11

éĄãŽæŗ•å‰‡ã¨ã¯

ぎ æŗ•å‰‡ 鏡

😅 åŖãĢå‡ēせるå¤ĢåŠĻはぞだいいãģうです。 投åŊą äģ–äēēぎåĨŊきãĒįŽ‡æ‰€ã¯ã€č‡Ē分ぎčĒč­˜ã—ãĻいるč‡Ē分ぎåĨŊきãĒįŽ‡æ‰€ã§ã™ã€‚

1

éĄãŽæŗ•å‰‡ãŽå˜˜ã¨ã¯īŧŸäģ•äē‹ã‚„å¤ĢåŠĻé–ĸäŋ‚ãĢもつかえるæ­Ŗしいやり斚

ぎ æŗ•å‰‡ 鏡

😚 「įĩåŠšã¯čĒ°ã¨ã—ãĻも同じです」という意čĻ‹ãŒã€æĨĩįĢ¯ã§ã‚ることはæ‰ŋįŸĨしãĻいぞす。 į ”įŠļチãƒŧムは20æ­ŗから23æ­ŗぎ大å­Ļį”Ÿį”ˇåĨŗと、65æ­ŗから74æ­ŗぎéĢ˜éŊĸ者į”ˇåĨŗ16äēēãšã¤ã‚’å¯žčąĄãĢ原験。

1